2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

夏の終わり

2010.08.31 (Tue)

チリンリン、と揺らめく風鈴


遊び場の向こう側は忙しなく


夢から覚めてしまったような淡い切なさが


心ここに在らずと渦巻いた


雲は黒く立ち往生


夕立は期待はずれ、流れ落ちた蜃気楼は


次は何処へと向かうのだろうか




知らぬ間にかけていた色眼鏡を通して


見てきた景色はどれも繊細で


触れることさえ難しかった


壊れかけの教室がついに崩れることはなく


幾度となく足を踏み入れていた


右奥の席に座る彼らはもういない


みんなみんな、脱皮してしまったのだから




果てしない水溜まりの上


笑い声だけが響いている


コンパスを失った濃い霧の中


難破船にすがり付くようにして


騒音から避難していた


くしゃみから始まるものが見当たらず


小細工することを諦めた




目が覚めても夢はもう少し続く


期待と憂鬱を鞄に詰め込んだ少年少女は


一体何を見て歩いていたのだろうか


ありふれた毎日が嬉しかった


変わりゆく世界には落胆した


変わらない世界にも呆れていた


彼らの頼みを引き受けて


遠くへ、遠くへ行ってしまおう


テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

22:32  |  那由多の輝きをウタにして  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://teru0406.blog90.fc2.com/tb.php/791-8853c8ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。