2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

忘れられたdl-デシリットル-

2008.01.17 (Thu)

自転車に乗った瞬間に思い出す


マフラーねぇよ


なんかもういいや


階段を上る俺はわざとらしい


合わせるように


演じるように


けど調和が取れなくて


変なカンジ


教室の入り方が良かった


普段ないことが


まるで当たり前のように


今日の音楽でもまたメロディは寄生してたらしい


2限連続で国語のターン


昼前の授業でなんだか集中力を欠いていた


こうなったら見たいものは黒板じゃなくて窓


換気のためにスライドされたガラス


冷気と一緒に視界に飛び込んできたのは


今シーズン最初の雪


初雪ってやつ


まるで新しいものを発見したかのように


喜ばしい気分


この感動を誰かに伝えたかったけど


今はできない


数秒後 日差しと一緒にそれは幻となった


その十数分後の昼休み


もう一度やってきた


白くひらりと舞い落ちる様は


天使の羽そのもの


にしては速度が速い


弾ける音


霙だ


降り注いだ粒はそこを転がり


やがて消える


寒さと疲労の挟み撃ち


もうほんとやめてほしい


昨日より少し速くして走る


そして今日は歌ってやろう


・・・口だけ


脳内は音符で満たされる


疲労と苦痛が入り込めないほどに


見えるのは背中だけ


いつもの規則的な呼吸リズムはない


もう何周走ったかわからない


とにかく歌い 走る


気が付けば足は止まっていた


いつの間にか終わっていたのだ


昨日に比べて随分楽だった


音楽ってやっぱすげぇ


残りの授業は平凡な下り道


もう帰ろう


錆びた工場の窓と窓を掻い潜れば


そこにあるのは安らぎと感動


錆びた工場がシルエットと化せば


いつか額に納まる日が来る


走る自転車


流れる雲


木々が向こうへ行ってしまう


電車と電車がすれ違えば


まるで止まったように見える


こうしてみて見ると


本当に地球が回っているんだって思う


そこをただ俺達が


ハムスターのようにせわしく走り回ってる


平坦な道にアレンジを加えたくて


こぶを作ってみたり へこませてみたり


平坦な歩き方にアレンジを加えたくて


飛んでみたり 回ってみたり


それでいいと思う


そこに自分らしさが芽生えるなら


そこに幸せが生まれるなら


地球よりも宇宙よりも


ずっとずっと大きな世界ができる


きっと


21:47  |  黒歴史  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://teru0406.blog90.fc2.com/tb.php/190-0b4095fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。