2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

Welcome to Red×Radio

2013.09.25 (Wed)

◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤




                     ◢█◣

                    ◢◤ ◥◣

                   ◢◤ █ ◥◣

                  ◢◤  █  ◥◣

                 ◢◤   █   ◥◣

                ◢◤    █    ◥◣

               ◢◤     █     ◥◣

              ◢◤      █      ◥◣

             ◢◤       ▅       ◥◣

             ◥▅▅▅▅▅▅▅▅▅▅▅▅▅▅▅▅▅◤

               Red×Radio


             この放送は素人による素人放送になります。

         視聴による損害・不利益等についていかなる責任も負いかねます。

             コミュ参加、放送視聴前に予めご了承下さい。



◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤



              このコミュを支配するオーナー



                     RED×RED



                 性別:♂   年齢:22

趣味:ギター/弾き語り/邦ロック/V系/詩/バスケ/帽子/だて眼鏡/CODシリーズ






◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤



              コミュニティリンク(募集中)



元気をもらいたいならここ!可愛い声を聞きたいならここ!

月見林檎さん

*林檎のgdgd放送室*【co1714471】



永遠の17歳!イケボな生主!顔もイケメン!見たことないけど。

奏花さん

変体の国の汚膿痔様【co1553415】







◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤ ◢◤◢◤
スポンサーサイト

テーマ : ニコニコ動画 - ジャンル : ゲーム

05:34  |  那由多の輝きをウタにして  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

鉄格子、外れた

2011.03.24 (Thu)

星の見えないこの街で


少し大人になった気がしていた


車両の行き交う音、サイレン、雀の囀り


は、聞こえない


喧騒を楽しみ方を忘れてしまったのは


最深部の傷が癒えたからなのか




私がアイツを殺した夜


最後の台詞は「よかったね」


鉄の匂いが好きだったのはきっと


血の通わない存在だったから


毒を吐き尽くした蛇が静かに


ドブの中へと消えていった後


「再生」という字に「スタート」とルビを振ったら


朝は突然、やってきた




思い出したのは逃避行の理由


研ぎ澄まされていたナイフ


それは錆び付き、もう使い物にはならない


思い出したのは逃避行の結末


足りていなかったのはカルシウムではなくて


校則を破る思考だった


足掻く事が無駄だということを


足掻かずして証明しようとした罰がそう


恥の少ない青春時代!




灯台もと暗し、距離感が掴めない


怖がることだけは今も変わらずに


根を張り芽を出し花を咲かせて種落とす


深呼吸すればまるで他人事のようで


モラトリアムに依存する価値もなかった


そら、月が見えているぞ
03:25  |  那由多の輝きをウタにして  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

夏の終わり

2010.08.31 (Tue)

チリンリン、と揺らめく風鈴


遊び場の向こう側は忙しなく


夢から覚めてしまったような淡い切なさが


心ここに在らずと渦巻いた


雲は黒く立ち往生


夕立は期待はずれ、流れ落ちた蜃気楼は


次は何処へと向かうのだろうか




知らぬ間にかけていた色眼鏡を通して


見てきた景色はどれも繊細で


触れることさえ難しかった


壊れかけの教室がついに崩れることはなく


幾度となく足を踏み入れていた


右奥の席に座る彼らはもういない


みんなみんな、脱皮してしまったのだから




果てしない水溜まりの上


笑い声だけが響いている


コンパスを失った濃い霧の中


難破船にすがり付くようにして


騒音から避難していた


くしゃみから始まるものが見当たらず


小細工することを諦めた




目が覚めても夢はもう少し続く


期待と憂鬱を鞄に詰め込んだ少年少女は


一体何を見て歩いていたのだろうか


ありふれた毎日が嬉しかった


変わりゆく世界には落胆した


変わらない世界にも呆れていた


彼らの頼みを引き受けて


遠くへ、遠くへ行ってしまおう


テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

22:32  |  那由多の輝きをウタにして  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。